前へ
次へ

社員研修は立場にあった内容が大切

会社においては様々な年齢の方や、職制や立場の異なる従業員が一緒に働いています。
そして会社は従業員に社員研修を実施してスキルアップを図りながら会社の業績向上などを目指します。
この社員研修に際して重要な事は、社員の置かれた立場に合った内容とする事です。
これは例えば入社してから数年以内の若手社員に対しては、事務効率の効率化を図る為のpcスキルを身につけさせることや、或いは仕事を進める際の思考能力を高めるロジカルシンキングなどを実施します。
そして中堅社員になりますと、部下を持ちこれらの方を活用しながら仕事を進めて行きますが、部下のパフォーマンスを引き出したり、或は部下の目標達成に向けたサポート能力を身に着けるコーチング研修を実施します。
また会社の組織をけん引しているのが管理者ですが、これらの方にはリーダーシップ研修を行います。
これは組織を効率的にコントロールする術を身に着けて、会社の成長につなげる内容となっています。

Page Top