前へ
次へ

役職に合った社員研修を行う事が大切

会社には様々な年齢の方が一緒に働いています。
例えば新入社員を始めとして定年が近くなったベテランの方など勤続年数や役職なども異なっています。
会社では従業員に対して社員研修を実施しますが、この際には役職に合った内容を行う事が大切です。
例えば会社に入社してから年数の浅い若手社員に対しては、ビジネススキル研修を実施します。
若手社員においては仕事を効率的に進める為の基本スキルや、仕事を効率的に進める思考能力が備わっていませんので、ビジネススキルの習得を重点的に行います。
また中堅社員においては複数の部下を管理しますので、部下にパフォーマンスを発揮させたり、問題の解決能力を身につけさせるコーチング研修を実施します。
そして管理者は社員を統率して組織運営を実施しますが、これを上手く行える様にリーダーシップ研修を行います。
この社員研修を受講しますと、社員のモチベーション管理や組織・会社をけん引出来る様になります。

Page Top